SSブログ

【無人島13日目】野狐禅 "ガリバー" [CD]

ガリバー

ガリバー

  • アーティスト: 野狐禅
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/06/21
  • メディア: CD


13日目。残ったものはくたびれた約束と、ゆがんだ足跡と、いつかのあの歌。忘れるためなのか覚えておくためなのか、夕べは夕べでこれまた必要以上に飲んだ。「朝日に照らされれば照らされるほど、暗くなってゆくものってな〜んだ?」「答えはこの暮らしで〜す」とかなんとか、ブツクサ言いながらカーテンを開けた。窓の外、ボンヤリと、ボンヤリと街の教会の、十字架…、十字架…、ジュウジカ…、じゅうじか…、ジュウジ…か、十時…か、もう十時か、もう十時か!ヤベェ、バイトまた遅刻だ!!

一体全体、なんの話かとお思いでしょうが、これは昨日リリースされた野狐禅のニューアルバム「ガリバー」に収録されている「じゅうじか」という曲の1番の歌詞です。ちなみに2番はこんな感じ。

残ったものはくたびれた約束と、ゆがんだ足跡と、いつかのあの歌。爽快感ゼロ。粘ついた労働の汗に、給料袋ペタンと貼付けて、ため息ひとつ。夜道を歩く。ため息ふたつ。トボトボ歩く。ああ、こんな時一心不乱、神様にすがりつけるような強い人間だったらなぁ。見上げれば、ボンヤリと、ボンヤリと街の教会の、十字架…、十字架…、ジュウジカ…、じゅうじか…、ジュウジ…か、十時…か、まだ十時か…、まだ十時か…。どっかで一杯やっていこうか。

真剣に悩んだり苦しんだりしていても、思考って長くは続かないし、さっきまでずっぽり落ち込んで頭を抱えていたのに、いつの間にか別のことでケラケラ笑っている。でもそれはそれでいいんじゃね? っていう歌なんだと思います。

ボクの野狐禅フリークぶりは、以前の無人島でも書きましたが、彼らへのこの溢れる愛情を言葉にしようとすると、なかなかどうして、うまいこといきません。その「生きる」ということへの飢餓感を激烈に書き綴ったリリック? 歌うというよりも叫びに近いスタイルで、ある意味天才的とも思われるボーカル? あんなに言葉数の多い歌詞を吐き出しているのに、それでもまだまだなにかが足らないらしく、いかんせんヘタレ、その焦燥感で掻きむしっているようなギターとピアノの悲鳴のような演奏? そんなことははっきし言って別にどうでも良いのでございます。問題は、そういう理屈的なモノを超えた部分で、彼らの作る音にボクの中の、カテゴライズできないこの感情が、ゴーゴーと共鳴しているかどうかなのでございます。そっかそっか、そりゃそうだよなぁ。

って、野狐禅の歌詞を無理矢理に引用しつつ、書いてみた。分かる人にしかわからん文章です。すみません。好き過ぎなんで、レビューになんないです。「分析」っていう言葉は、きっと熱の冷めた人が発明したんでしょう。ならば、ボクは、死ぬ間際でいいんです。野狐禅を上手に分析するのは、死ぬ間際でいいんです。


タグ:2006年
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(2) 

nice! 2

コメント 4

KEN2

はてさて
竹原の声に身をゆだねなさい。
すれば、男泣きのよがり泣き。
それが野狐禅理解のキーワード。
ちゃうかな?
by KEN2 (2006-06-27 21:31) 

ハチ

>KEN2さん
「はてさて」の書き出しにグッと来た。
男泣きのよがり泣き。その通り。
悩んでないやつには、伝わらない声なんでしょうね。
by ハチ (2006-06-28 00:20) 

yellow_dog

nice! ありがとうございます。
私も三十半ばにして野狐禅に出会い、そして昨年初めて見たライブでさらに衝撃を受けたひとりなのです。
来週のO-Westが楽しみでなりません。
by yellow_dog (2006-06-28 21:24) 

ハチ

>yellow_dogさん
コメント、ありがとうございます。
オレも行きますよ、来週。
盛り上がりましょうね!
by ハチ (2006-06-29 01:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。